ブラジリアンワックスのお店をしたい!

こんにちは、Waxing Salon 凛スタッフのHarumiです。

「ブラジリアンワックスのお店をしたいんです!」
「私も凛さんみたいなサロンをしたいです!」
お店に施術しに来られる方で、このように話してくれたお客様が数名いらっしゃいます。

スポンサーリンク



施術価格

日本で脱毛と言えば、光脱毛やレーザー脱毛。格安の施術価格で脱毛サービスを提供する大手サロンさんが今でも増加しています。医療脱毛も昔と比べると、だいぶ価格が下がってきたのではないでしょうか。

京都はワックス脱毛・ブラジリアンワックスを扱うお店が、かなり少ないです。徐々に増えてきましたが、大阪や東京・名古屋に比べると店舗数は大変少なく、他府県より京都での施術価格が高いのが特徴です。

実際私が約3年前にオープンした際、ワックス脱毛・ブラジリアンワックスを扱うお店は、把握していただけで約5~6店舗。価格平均は約7000円~8000円でした。

海外、特に欧米では、脱毛といえばワックス脱毛・ブラジリアンワックス。若い方から上はおばあちゃんと言われる世代の方たちまで、幅広い年齢層の女性がサロンで施術したり、自身でセルフワックスをしたりしています。

サロンでの施術価格は、国にもよりますが、だいたい3000円~5000円。(オーストラリアでは物価が高いので6000円~7000円前後のようです)

需要があるためにお店も増え、施術価格が安くなるので、京都や日本と比べるのは違うかもしれません。しかし、日本でもワックス脱毛やブラジリアンワックスの需要は確実に上がっています。

ブラジリアンワックスの資格

ブラジリアンワックス脱毛のサービスにおいて、日本では特に資格は必要ありません。しかし、女性の身体に少なからずダメージを与える脱毛方法ですので、正しい知識を身に着ける必要があります。

日本には、ブラジリアンワックスやワックス脱毛の協会がいくつかあります。お店をしたい方は、協会に所属し、定期的な講習を受けることをオススメいたします。営業許可証等、証明書をもらえるので、お店の信頼にも繋がります。

講習費用としては、約20万円前後でしょうか。私が所属している日本ワックス脱毛協会は、そのくらいでした。今でも講習は定期的に行われているので、是非調べてみてください。

「ブラジリアンワックスのサロンをオープンしたい!」という方には、自身の資金やスケジュールを調整して、是非サロンをオープンしていただきたいです。

スポンサーリンク



簡単に考えないこと

ただ、「需要が確実に上がっているから、サロンをオープンしても成功する!」という考えは、少し甘いです。注意していただきたいことです。

全国的に見ると、京都は美容への投資が少ないといわれています。ネイルやエステ、美容室。たくさんサロンがありますよね。美容室は、老若男女と幅広い需要があるので、たくさんサロンがあってもお客様に来ていただけます。

ネイルも、女性の若い方からお年寄りまでの需要がありますが、毎年閉店するお店はちらほらと見受けられます。技術面やサービス・価格面でお客様の要望に寄り添っているかどうかが、お店を存続していくための大事なことです。

エステサロンは、低価格になったとはいえ、お金に余裕が出た方が癒しを求めに来店されています。きちんと要望に応え、ビフォーアフターを変化させ、その状態をキープしていくことが必須です。いいものを知っていらっしゃる方へ、手を抜いた荒いサービスをすると離れていかれるでしょう。

サロンワークについて

女性の方は、おおむねコスパを考えられるようです。
コスパとは、コストパフォーマンス。コストに見合ったサービスかどうか。コストに見合った効果が出ているか。お客様の満足を得るには、お客様が何を求めているかを判断することです。

お客様がネットで検索して、「メニューもよく、価格も良さそう」だと判断し予約。お店に来て、お店スタッフの対応や施術内容、お店の雰囲気等、お客様はひとつひとつ感じるものがあります。お店を出てからすぐ「お店の雰囲気が良かった」「サービスが良かった」「スタッフの対応が良かった」と満足度数を判断されます。また、数日・数週間の効果を見て、「効果が出ているし良かった」と判断されるかもしれません。

お店をする側は、「ただお客様が来て、施術してあげて、お金をもらう」というものではいけません。

お店をするのであれば、丁寧なサービスが必要です。
・お客様が自分のお店を選んで、時間を割いて来店してくれたという喜びをあらわすために、笑顔でお迎えする。
・カウンセリングでは、お客様の要望・現状等をしっかり把握する。
・施術中は、集中してしっかりサービスをする。
・施術後は、お金をいただくだけではなく、施術後の様子やどうだったかの感想を聞きましょう。
・お金をいただくということは、お客様の大事なものをいただくということ。「大事なお金をサービスに支払ってくださり、ありがとうございます。」という感謝を態度や言葉で表しましょう。
・お見送りは最後まで、言葉や気遣いを添えながらお見送りしましょう。

ひとつひとつ、お客様は感じています。私が、まだ気づいていない部分もあるかもしれません。それを毎日見つけるのがサロンワークです。

スポンサーリンク



一歩踏み出してみる

自身で経営するというものは、毎日が勉強です。正直、私のお店もまだまだ発展途上です。季節商売であるという言い訳で、閑散期の対策を怠っていた初期の頃がありました。

今でも閑散期はあります。しかし、「閑散期に何をするか」「繁忙期にこそ何をするか」で数か月後・数年後のサロンの状況に影響してきます。

「サロンをオープンする」ことはゴールではなく、スタートですよね。継続するためにも、心構えをしっかり持っていただきたいです。

自身のサロンをオープンしたい!という方は、是非スタッフに相談してみてください。そう思っていらっしゃる方は、オープンに向けて何かしら動いている方がおられると思います。

資金が全然ない。資格がない。会社が辞められない。
そんな方でも、ひとつひとつ準備をしてサロンをオープンする段階に持っていきませんか?

私からは、資金や資格・サロンを継続するのためのお話をしっかりアドバイスをします。美容関係は横の繋がりができにくく、交流があまりないので、京都で同じような仲間ができれば、私もすごくうれしいです。

私からのアドバイスを活かして実行するかどうかは、あなた次第です。ご相談、お待ちしていますね!