ブームになる?「シュガリングの基本を学ぶ」

こんにちは、京都 四条烏丸 プライベート 脱毛サロンWaxing Salon 凛スタッフのHarumiです。

先日、所属している日本ワックス脱毛協会の勉強会に参加してまいりました。






日本ワックス脱毛協会に所属して3年が経ちました。年1回、勉強会やランチ会が行われるのですが、去年はランチ会だったので、今年は勉強会。

しかも最近増えつつある、シュガリングというワックス脱毛が学べるということで、早速行ってきましたよ。

毎度新大阪付近で行われます。カナダ在住の理事長が、福岡(地元だそう)→東京→名古屋→大阪と勉強会を行ってくれます。おなじみの顔ぶれが揃っていて、私を覚えてくださっている方が増えました。しかも今回は、スクールでお世話になった梅田のモニカワクシングよしこ先生もお見えになっていて、久々の再会となりました♪

シュガリングとは、砂糖主成分のワックス剤を使用したワックス脱毛のテクニックの一つです。この砂糖成分のワックスは、19世紀からペルシャ湾周辺の人が使用し始めたと言われており「パージャンワクシング(ペルシャの,ペルシャ人のワクシング)」とも呼ばれているそう。

このシュガーワックス。私たちも最初にワックスを学んだ後に渡されたんですが、ペーパーではがすのでは粘着が弱く、なかなか使いづらいのです!なので、棚に3年眠っていました笑。

でも実は、練って使うと粘着が格段に強くなり、どんな毛でも脱毛が可能となることをこの勉強会で知りました。

そして早速シュガリングの実践へ。

シュガーワックスは食べられるので、温めると水あめみたい。さくらんぼ大を手に取り、練り練りしていきます。

理事長が喋りながら5分くらい練っていたでしょうか。腱鞘炎になりそうだとか、ボウリングの後みたいな筋肉痛になりそうだとか、いろんなヤジが飛びます笑。




練ったワックスを脱毛箇所に塗るのですが、私たちがいつも使っているワックスと塗り方が違います。

私たちサロンスタッフが普段使っているソフトやハードワックスは、毛の流れに沿ってワックスを塗布、毛の流れとは逆方向にワックスを剥がします。

でもシュガリングは逆です。

毛の流れに逆らってワックスを塗布し、毛の流れに沿ってワックスを剥がします。

長めに塗って、3回くらいに分けて素早く剥がします。

理事長は、福岡・東京・名古屋の順でシュガリング講座をやってきたそうですが、大阪が一番反応悪かったそうです笑。昔からあるものだけど、新しい技法に変えるって勇気がいりますよね^^;

3年も眠らせているシュガーワックスを出して、時間のあるときに練り練りして練習します。お肌にはとてもいいので、希望された方にサービスできるようにしますね。




さて、勉強会で交流はするも、その後の交流が続かないなと思って参加していましたが、今年は違いました。

2年前に協会に加盟し、大阪梅田でサロンをしている10コ下の女の子と席が隣になり、自分たちのサロンについて話していたところ、意気投合!

帰りに阪急梅田駅のバルで軽く飲んで帰ることに。

オシャレだけど手軽に飲み食いできるバルです。お一人様も多かったですよ^^

一緒に行った彼女は、大阪梅田でワックスサロンRamを経営している22歳の女の子。女の子と言っても、大人っぽくてしっかりしたやり手の女性です。

目標を持ってイキイキしている彼女にすごく刺激されました。なかなか仲間ができにくい業界だと思っていたけど、気が合うとこんなにサロン運営の話や勉強ができるんだと実感。

ワックスの種類のレビューや、講習会はどこのが良かった等、すばらしい情報を与えてくれた怜奈ちゃんに感謝。月1で情報交換しましょう!と約束して解散。楽しい1日でした♪

Click!お願いします^^
にほんブログ村 美容ブログ ブラジリアンワックスへ
にほんブログ村